過剰な漁獲量による生物資源の枯渇

日本の食卓を支える重要な食べ物の一つに「魚介類」があります。日本は島国で、昔から豊かな水産資源に恵まれてきました。私たちの生活になじみすぎて、当たり前となっている魚介類ですが、近年漁獲量が増えすぎたために絶滅に瀕している種がいます。

クロマグロは日本のみならず世界中で利用されていますが、漁獲量が増大したためにこのクロマグロの数が減少しています。マグロに代表される大型魚は生育までに時間がかかるため、一度乱獲してしまうとなかなか個体数が戻りません。
その状態で再び乱獲してしまうとたちまち個体数が減少するのです。

養殖技術が発展し、天然のマグロにこだわらなくても・・・という意見もあるかもしれませんが、自然環境から1種の生物が消えることは生態系全体に影響を及ぼす大問題なのです。
では適正な漁獲量というものはあるのでしょうか?

生物は子孫を作り数を増やすため、そのタイムスキームを把握することが重要です。これを把握し生物資源を減らさない適切な漁獲量を守ることで、その生物種を永続的に利用することができるのです。その漁獲量を「持続可能漁獲量(Maximum Sustainable Yield, MSY)」といいます。

持続可能漁獲量を超えない限り、生物資源は減少することはありませんので安定した漁獲量を保つことができます。では、持続可能漁獲量をはるかに下回る漁獲量であれば、生物はどんどん増えることはできるのでしょうか?
答えはNoです。
環境中の資源事態に限界値があるので、ある程度以上生物種が増えることは環境が許さないのです。環境が耐えうる生物の量を「環境収容力」といいます。
環境収容力と最大漁獲量のバランスをとることが、持続的な水産資源の利用につながるのです。
しかし、これはあくまでほかの人為的な環境影響を感がない場合の話です。たとえ漁獲量を絞ったとしても、その生物種に必要な資源が奪われたり、環境を汚染して個体数を減らしてしまうと、乱獲してなくてもその生物種は絶滅に追いやられてしまいます。

そうなってしまっては、その種類は漁獲禁止という事態にもなりえます。実際、世界ではクロマグロの個体数が激減してしまったため、漁獲禁止になってしまいました。しばらくして個体数が戻ればよいのですが、あまりに漁獲スピードが速すぎると、絶滅という最悪の結果になってしまうのです。

漁獲量の問題は漁師の方だけの問題ではなく、我々の普段の生活の仕方が影響を与える問題なのです。日本の食卓から天然の魚介類が残るかどうかは、資源をうまく使うことと同じくらい、海を汚さないことが大切な要素となってくるのです。