海底の汚泥

多くの工場や家庭からの排水は、最終的に海に流されます。無害に成分やすぐに拡散する成分であれば環境中に残留することはありません。しかし、中には有害で海水に溶けにくく、海底まで沈むものもあります。これらは海底の泥とともにとどまり、底生生物に影響を与える恐れがあります。海底汚泥は海水ほど循環のスピードが速くないため、汚染物質が排出されてからも数十年単位で残留し続けます。日本の高度経済成長期に排出された有害成分が、東京湾の海底蓄積物質中で未だに高濃度になっていることや富栄養化による溶存酸素濃度の低下などが問題視されています。
 底生生物や底に近い部分を遊泳する魚が汚泥物質から有害成分を摂取することで、活動量が鈍くなったり交配に影響を与える可能性があります。また、窒素を豊富に含む排水が流れることで、海底汚泥に含まれる微生物が活発に代謝活動を行います。その結果、代謝のために酸素が消費されるため、溶存酸素量が著しく低くなります。海水中の溶存酸素量はすべての生物にとって重要な要素であり、極端に少ないと生物は生育できません。特に、植物プランクトンは溶存酸素量の影響を受けやすく、光合成量の低下を引き起こすため、付近の生物量の低下を招きます。また好気性微生物の活動の低下も引き起こしますので、水域の浄化作用が低下するという悪循環も生じます。一般に魚介類が生存するためには3mg/L以上、好気性微生物が活発に活動するためには2mg/L以上が必要と言われています。それ以下の濃度では嫌気性分解が起こり、悪臭物質が発生します。一時期東京湾のヘドロから発生する悪臭が問題となったこともありました。
汚泥に含まれる有害物質を分解除去するために様々な研究が進められています。海底に設置することで汚染物質を吸着するブロック材や、おがくずを利用した焼結材といったものが開発されています。汚染物質は固体粒子の表面に吸着しやすいため、海底の泥の粒子よりも吸着しやすい成分を利用することで、海底から汚染物質を取り除くという方法です。
 海底の汚泥を物理的にすくうことで除去するという手法も取られています。すくった汚泥を焼結し埋め立てや道路の構築材として利用するのです。この方法では短時間で一気に汚泥を処理できるという利点がありますが、汚泥とともに底生生物も救うため、生態系に大きなインパクトを与えてしまいます。
いずれにせよ、一度排出された汚染物質を取り除くということは非常に難しく時間がかかるため、まずはそういった物資を排出しないという予防が非常に大切なのです。