月島

月島『岸田屋』東京五大煮込み!並んでも食べたい煮込みを紹介!煮込み好きなら1度は食べてみて!

僕は旅行が大好きです!

そして旅行先でいろんな場所に行き、いろんなものを食べてたり飲んだりするのが大好きです!

月島の絶品煮込み『岸田屋』

今回は旅行ではないんですが、月島ある東京五大煮込みのお店の1つ『岸田屋』を紹介したいと思います!こちらは都営大江戸線月島駅から徒歩5分のところにあります!月島はもんじゃの街ではなく、煮込みの街なんだと思うことでしょう(笑)

東京五大煮込みとは、『居酒屋大全』と言う本をお書きになった、太田和彦さんが提唱した、森下の【山利喜】、北千住の【大はし】、月島の【岸田屋】の東京三大煮込みに、立石の【宇ち多”】、門前仲町の【大坂屋】を付け加えたのを総称して言うらしいです!煮込み好きの間では知らない人はいないかと思います(笑)

東京五大煮込みと言われていますが、牛や豚の違いもあれば、扱ってる部位や種類も違い、色々な楽しみ方があると思います!その中でも【岸田屋】は牛のメンブレンをメインに使った煮込みになっております!僕が今まで食べた煮込みで1番好きな煮込みです!この煮込みを食べたことにより、地元の煮込みは一切食べなくなりました(笑)

僕が初めて【岸田屋】に行ったのは2005年だったと思いますが、平日だったこともあり、オープン時間の17時に行けば1回転目に入れるでしょうと思ったんですが、着いてみてびっくり!既に20人位並んでいました…煮込みを食べられたのは、並び始めてから2時間後の事でした!某テーマパークでも2時間なんて並んだことはありませんでしたが、ここの煮込みはどうしても食べたくて食べたくて…2時間なんてあっという間でした!という事で初の【岸田屋】は3回転目でした…平日は比較的空いていると思いますが…と言っても1回転目に入れなければ90分位は並ぶと思います!ですので、16時並ぶのが得策ではないでしょうか!

僕のオーダーの仕方ですが、先ずは瓶ビールとポテトサラダと煮込みを注文します!煮込みはネギありかネギなしが選べますよ!ポテトサラダをあてに一杯飲みます!ポテトサラダは懐かしい優しい味がすると思います!お袋の味を思い出すことでしょう!
そうこうしているうちに、煮込みが到着します!
トロットロに煮込まれた牛モツが最高です!モツの部位は、シロ、ハツ、フワ、テッポウです!女将さんに聞いたので当たってるでしょう!
これを食べるためにここまで来たんだと思うでしょう!それほどの煮込みはですので、是非来た際は注文してみてください!

煮込みでビールは空っぽ…またまた瓶ビールと次は銀ダラの煮付けか穴子の煮付けか…?いつもこのどちらかで迷うんですが初めて行ったときは穴子の煮付けにぬたを注文したのを覚えています!ぬたは赤味噌ベースで貝類とマグロ、タコ、ワカメ、ネギです!これまた最高!

穴子の煮付けもこれまた最高でした!これが750円で食べられるなんて…煮込み同様に地元にあったら毎日通いたい位です!

〆はおにぎりにはまつゆです!
おにぎりはおかか、梅、こぶ、めんたい、鮭の5種類あります!僕はいつも鮭おにぎりにはまつゆです!はまつゆとははまぐりのお吸い物です!
最高の〆で心も身体もいい気分です!また来ます!と女将さんに告げ帰ります!まだまだ色々なメニューがありますが、制覇出来てません…足しげく通うしかないですね!

ちなみにここ【岸田屋】はあの有名漫画、美味しんぼにも何度も登場するほどの人気店であります!そんな人気店で飲んでみるのはどうでしょうか…

どうでしたか?参考になりましたでしょうか?
不定期ですが、こんな感じでまたアップしますので、楽しみにしていて下さい!
最後まで読んで頂き、ありがとうございました!