三谷幸喜「short cut」